認定は早めに相談

専門の弁護士に後遺障害相談して、被害者請求を行うのはできる限り早い方が良いでしょう。なぜなら、後遺障害の認定には各診断書なども必要となり、基本的には面談などによる審査は行われません。つまり、書類に必要な事が書かれていなければそれだけで等級を実際の症状よりも低い物とされてしまう事があるのです。そうした問題から、早い段階で弁護士に相談し、等級の取得にはどのような事が必要なのか聞いておかなければなりません。

問診票また、自賠責基準による等級の審査には今までの通院なども調査されるため、そうした点についてもしっかりと弁護士と打ち合わせておくべきでしょう。経験のある弁護士であればどのように診断書を書いてもらえば自賠責基準の等級をなるべく高い物として受けられるか分かっている事が多いので、そのアドバイスを主治医に伝えて極力アドバイスに沿った方向で書いてもらえるように頼む事も大切になってきます。特に後遺障害認定が決定された後にやはりこの認定では満足いかないと、弁護士に相談を持ち込んだとしても認定が決定された後では弁護士であっても認定を覆す事は難しいので、そうした認定の手続きをする前には弁護士に相談して動いておきましょう。

相応しい等級の為に

事故交通事故にあった後の後遺症の内、保証金などが変わるのは後遺障害と認定されたものだけになります。後遺障害とは後遺症の中でも、その存在が医学的に証明でき、労働能力の損失や低下を招くものであり、自賠責基準の等級に定められた要件を満たすものという条件があります

これらの条件の中で、賠償金の金額を左右するのは自賠責基準の等級というのが重要になってきます。この等級が低いものであったりすると保証金額も変わってきてしまう為、なるべくなら高い等級で認められたいのですが、加害者側に立っている保険会社が行う事前請求ですと基本的に後遺障害の症状で得られる等級を低く設定されてしまう事になります。そうならないようにできる限り被害者請求で進めるようにしましょう。また、被害者請求で行う時にも自分で資料を集めて自力で請求することは出来ないことではありませんが、弁護士に依頼する事で、どの資料が必要でどうすればよいのかというのもすぐに分かりますし、等級認定をより上位のものが獲得出来る様に動いてくれることになります。また、もしも後遺症はあるけれど後遺障害となるほどなのか分からない、という状態であっても弁護士に依頼する事で等級を獲得できる可能性が大きく広がるので諦めないでください。

認定は早めに相談

交通事故の障害認定

交通事故にあったときに怪我をしてしまい、その怪我が後遺症として残ってしまう、という事があります。後遺症が残ってしまうと症状によっては働くことが難しくなってしまう事もありますし、最悪の場合普通に生活することすら苦しくなってしまう事もあります。そんな恐ろしい後遺症ですが、交通事故の賠償請求するときに後遺認定を受け、後遺症も含めた保障を受けていればその先の生活に少し余裕を持つことができるかもしれません。

後遺障害の申請には二通りの方法があり、加害者側の保険会社が主導となって行う事前認定と被害者側が主導となって行う被害者請求というものがあります。事前認定と被害者請求では、基本的に被害者請求の方が被害者にとって有利な認定結果が出る事が多いのですが、その請求にはかなりの手間とそれなりの費用が掛かります。後遺障害の内容が骨折や変形障害、欠損傷害などのレントゲンなどによる確認がはっきりと分かるような物ですと事前認定でも問題ないのですが、そうでなく脳機能障害や神経障害のように第三者が分かりにくい後遺障害ですと被害者請求をした方が良いでしょう。

弁護士このような後遺障の被害者請求は大変手間が掛かり、その上どの程度の後遺障がどの程度の保障を受けられるのか判断のできるプロと相談した上で行うべきです。特に後遺障害が重く、今後の生活に大きな影響を与えるのであればなおさらそうするべきでしょう。このサイトではそうした後遺障を弁護士に相談することについて説明します。交通事故はいつ遭遇するか分かりませんので、知識として知っていっていただければ幸いです。

相応しい等級の為に