認定は早めに相談

専門の弁護士に後遺障害相談して、被害者請求を行うのはできる限り早い方が良いでしょう。なぜなら、後遺障害の認定には各診断書なども必要となり、基本的には面談などによる審査は行われません。つまり、書類に必要な事が書かれていなければそれだけで等級を実際の症状よりも低い物とされてしまう事があるのです。そうした問題から、早い段階で弁護士に相談し、等級の取得にはどのような事が必要なのか聞いておかなければなりません。

問診票また、自賠責基準による等級の審査には今までの通院なども調査されるため、そうした点についてもしっかりと弁護士と打ち合わせておくべきでしょう。経験のある弁護士であればどのように診断書を書いてもらえば自賠責基準の等級をなるべく高い物として受けられるか分かっている事が多いので、そのアドバイスを主治医に伝えて極力アドバイスに沿った方向で書いてもらえるように頼む事も大切になってきます。特に後遺障害認定が決定された後にやはりこの認定では満足いかないと、弁護士に相談を持ち込んだとしても認定が決定された後では弁護士であっても認定を覆す事は難しいので、そうした認定の手続きをする前には弁護士に相談して動いておきましょう。