相応しい等級の為に

事故交通事故にあった後の後遺症の内、保証金などが変わるのは後遺障害と認定されたものだけになります。後遺障害とは後遺症の中でも、その存在が医学的に証明でき、労働能力の損失や低下を招くものであり、自賠責基準の等級に定められた要件を満たすものという条件があります

これらの条件の中で、賠償金の金額を左右するのは自賠責基準の等級というのが重要になってきます。この等級が低いものであったりすると保証金額も変わってきてしまう為、なるべくなら高い等級で認められたいのですが、加害者側に立っている保険会社が行う事前請求ですと基本的に後遺障害の症状で得られる等級を低く設定されてしまう事になります。そうならないようにできる限り被害者請求で進めるようにしましょう。また、被害者請求で行う時にも自分で資料を集めて自力で請求することは出来ないことではありませんが、弁護士に依頼する事で、どの資料が必要でどうすればよいのかというのもすぐに分かりますし、等級認定をより上位のものが獲得出来る様に動いてくれることになります。また、もしも後遺症はあるけれど後遺障害となるほどなのか分からない、という状態であっても弁護士に依頼する事で等級を獲得できる可能性が大きく広がるので諦めないでください。

認定は早めに相談