交通事故の障害認定

交通事故にあったときに怪我をしてしまい、その怪我が後遺症として残ってしまう、という事があります。後遺症が残ってしまうと症状によっては働くことが難しくなってしまう事もありますし、最悪の場合普通に生活することすら苦しくなってしまう事もあります。そんな恐ろしい後遺症ですが、交通事故の賠償請求するときに後遺認定を受け、後遺症も含めた保障を受けていればその先の生活に少し余裕を持つことができるかもしれません。

後遺障害の申請には二通りの方法があり、加害者側の保険会社が主導となって行う事前認定と被害者側が主導となって行う被害者請求というものがあります。事前認定と被害者請求では、基本的に被害者請求の方が被害者にとって有利な認定結果が出る事が多いのですが、その請求にはかなりの手間とそれなりの費用が掛かります。後遺障害の内容が骨折や変形障害、欠損傷害などのレントゲンなどによる確認がはっきりと分かるような物ですと事前認定でも問題ないのですが、そうでなく脳機能障害や神経障害のように第三者が分かりにくい後遺障害ですと被害者請求をした方が良いでしょう。

弁護士このような後遺障の被害者請求は大変手間が掛かり、その上どの程度の後遺障がどの程度の保障を受けられるのか判断のできるプロと相談した上で行うべきです。特に後遺障害が重く、今後の生活に大きな影響を与えるのであればなおさらそうするべきでしょう。このサイトではそうした後遺障を弁護士に相談することについて説明します。交通事故はいつ遭遇するか分かりませんので、知識として知っていっていただければ幸いです。

相応しい等級の為に